FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCF2621.jpg
サンフランシスコ市内にある友人宅を出発し、ナパ&ソノマへ。
ゴールデンゲートブリッジ(金門橋)を渡り、車で約1時間ちょっとの旅。

今回は、事前に連絡をしなかったので、僕が会員になっている
Harlan EstateやKistlerのカルトワイナリーには、行く予定なし。
一般公開はしてないので、連絡しても入れてくれない可能性の方が高いが。

DSCF2559.jpg
まずは、ソノマにあるViansa Wineryへ立寄る。
http://www.viansa.com/

DSCF2594.jpg
ここのワインは、日本では輸入している業者がおらず、たまたまハワイの友人宅で
飲んだ際、気に入り、サンフランシスコ近郊に行った際は必ず購入して帰る。
しかし、ワイナリーに行くのは初めて。
数種類をティスティング後、やはりいつも買っているピッコロを購入。
非常にフルーティーな赤ワインで、どんな料理にも会う。
普段飲むテーブルワインとしては、値段もお手頃だし、最適。($20 約1700円)
ワイナリーでしか購入出来ない、リザーブものもあったが、購入せず。
やはりどんなに高いワインでも自分の口に合わなければ、購入しないのが鉄則。
ロバート・パーカーのガイド本を参考に購入するのも良いが、人間みんな好みが
違うので、やはり数多くのワインを飲み、自分の好みを知ることが大切。

そして料理をワインに合わせるのではなく、ワインを料理に合わせるのも。
料理が主役で、ワインが脇役。
ここが、日本酒や焼酎などとの最大の違い。
日本酒や焼酎などは、飲む銘柄で料理を合わせる。
「酒のあて」と言う言葉のとおり。

DSCF2563.jpg
次もソノマにある、友人おススメのArtesa Wineryへ。
http://www.artesawinery.com

ここは、Visanaから車で10分ぐらい。
ピノノワールとシャルドネがおいしいと。

DSCF2562.jpg
着いてみると、眺望が素晴らしい。
早速、ティスティングをするが、僕の口には合わなかった。
ピノノワールとシャルドネを全部で8種類ぐらいティスティングしたが。
やはり、人によって好みが違うのである。
日本に居れば、間違いなく購入しているレベルだが、
ここまで来たのだから、妥協は出来ない。

DSCF2599.jpg

DSCF2598.jpg

次は、ナパの一番北にあるSterling Vineyardsへ。
http://www.sterlingvineyards.com/

DSCF2572.jpg
駐車場からロープウェイを使ってワイナリーまで行く。
見学コースやロープウェイなどの演出も手伝い、ナパを訪れた人は必ず立寄るワイナリー。
メジャーな銘柄なので、日本でも多くのワインショップで売られている。

DSCF2579.jpg

DSCF2580.jpg
Rieslingをティスティング後、カーブを見学。

DSCF2587.jpg

DSCF2588.jpg
実際の貯蔵しているタンクなども。

DSCF2609.jpg

DSCF2583.jpg

DSCF2585.jpg
ここも景色がすばらしい。

しかし、こちらでもワインは購入せず。
おいしいのだが、リザーブもの以外は日本でも同じような値段で購入出来るので。

DSCF2620.jpg

DSCF2612.jpg

DSCF2613.jpg

DSCF2619.jpg
最後は、Steringの斜め向かいにある、Castello di Amorosaへ。
http://www.castellodiamorosa.com/

DSCF2604.jpg

DSCF2606.jpg

DSCF2607.jpg
ここは、ワインよりもわざわざイタリアより職人を呼び、トスカーナなどにある
お城を再現したことで有名。完全なお金持ちの道楽、ワイナリー。
市場では売られておらず、ここでしかワインを購入することが出来ない。

DSCF2609.jpg
場所とお城が素晴らしかったので、いろいろ撮影はしたが、ここでもワインは購入せず。

車で40分ほどで、ナパのタウンタウンにある、AVIA Napaへ。
最近出来たデザイナーズ系のおしゃれなホテル。
http://www.aviahotels.com/hotels/napa/

DSCF2633.jpg
リビング

DSCF2627.jpg
ベッドルーム

DSCF2628.jpg
お風呂

DSCF2631.jpg
シャワー、洗面、トイレ

DSCF2634.jpg
ミニバー

値段の割には、お得だと思います。

DSCF2635.jpg

DSCF2636.jpg
夕食は、これまた別の友人おススメのお店、Rutherford Grillへ。
http://www.hillstone.com/#/restaurants/rutherfordGrill/

こちらは、日本でも有名なOpus Oneのワイナリーのすぐ近く。
予約をしようとしたが、すでにイッパイで、お店に来て待ってほしいとのこと。
電話した時は、18時だったのだが、すでに1時間待ちであると。
我々は、21時に行ってみると、待たずにすぐにテーブルへ。
しかし、夏の観光シーズンなどは、この時間でも1時間は待つことになると。

DSCF2638.jpg
妻とシーザーサラダをシェア。
白ワインビネガーが、きき過ぎて、酸っぱい。

DSCF2637.jpg
コーンブレッド
このようなコーンブレッドは初めて。
普通は切られたカステラのよう感じで出て来るのだが、
味も触感も初めてで、これはこれで非常においしい。

DSCF2640.jpg
妻は、リブアイステーキ。
塩、コショウ、ミディアムレアの焼き加減も抜群。
アメリカでは、珍しいぐらい。そしてサイズも巨大ではない。
一口もらったが、非常においしかったが、ソースがなかったので
最後には、飽きてしまうかも。

DSCF2639.jpg
僕は、ロティセリーチキンを。
これは、ちょっと時間が経っていたせいか、パサパサ。
味付けも塩とマリネしている時間が足りない。
ハーブ類の香りが一切しない。

行った時間が遅かったため、ハズレの品もあったが、
全体的には、サービス、ワインの種類、料理は日本人の舌にも合うお店だと思います。
アメリカの普通の料理を少しアレンジした感じの品が多いお店です。
あと、僕は食前酒としてスパークリングワインを頼んだのですが、
グラスが変わっていて、目いっぱいついででくれます。
通常の1.5倍の量なので、非常にお得です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://artw.blog.fc2.com/tb.php/73-0760f008
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。