FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.02 New York Day 2
妻も少し食欲が出てきたので、お昼は30年前から通っている
排骨飯・排骨麺のお店へ。ここは台北に本店があり、台北では名店だが、
NYのお店は、弟がやっており、日本人やアメリカ人など一切こない店。
地元の中国人しかこない。しかも、9割がテイクアウトの弁当。
僕も大学時代の台湾人の同級生に連れてこられなければ、絶対入らなかった店。

dsaq1.jpg
Wah Mei Fast Food (旧 May Wah Fast Food)
http://menupages.com/restaurants/wah-mei-pork-chop-fast-food/

dsaq4.jpg
ここでひたすら排骨を揚げている。

dsaq2.jpg
僕が排骨飯。

dsaq3.jpg
妻は排骨麺。

うまい!! 全く味が変わってない。
でも容器が少し小さくなり、量は少し減ったかも。
妻もおいしいと排骨と麺を交互に食べる。
あっと言う間に完食。

帰りは散歩しながら、リトルイタリー、ソーホー、母校NY大学がある
ワシントンスクエアーを案内する。

dsaq8.jpg
母校のブックストアで大学名のロゴ入りトレーナーを購入。
しかし、また妻の体調が悪化。急いで友人宅に戻る。

友人たちは今夜、残業で遅くなるため、また妻の体調を考えてスープ系を食べに。
昼は中華、夜は韓国のソルロンタンを。
32丁目のコリアンタウンにあり、30年前から通っている店。
Gam Mee Ok
http://menupages.com/restaurants/wah-mei-pork-chop-fast-food/

タクシーで向うが、お店が見当たらない。
別のお店に入って尋ねると何年も前に通りの下の方に移動したとのこと。
そして行ってみると、、、、

dsaq5.jpg
凄いおしゃれなお店になっている。
以前の店舗は、ただの食堂で、雰囲気も何もない。

店内に入るとウェートレスが若い。僕が行っていた頃は、アジュンマたちが(おばさん)
必死に働いていた。そして半分がアメリカ人のお客。これもビックリ。
以前は、ガテン系韓国人労働者が8割、ホワイトカラーの韓国人が1割、そしてその他1割の比率。
年月の流れをここでも感じる。
たぶん、僕が知っているオーナーは引退し、息子が継いで、場所を変え、お店をおしゃれにし、
アメリカ人も入れるお店にしたのだろう。それらしき人物が実際指示をしていたので。

dsaq6.jpg
店内に行列が出来ており、15分ほど待つ。
メニューを見ると。昔、食べていた品がない。
残念だが、ソルロンタンだけを注文。

dsaq7.jpg
ここのは、最初からご飯がおじやのように入っており、
味がないので、塩や刻みネギなど自分で入れて調整する。

おいしかったキムチも登場。

さっそく食べてみるが、以前に比べてスープにコクがない。
キムチも以前は、浅漬けだったが、今はむしろ古漬けになっており、味がイマイチ。
でも他のキムチにはない、化学調味料の使用量は変わってない。
妻はおいしいと言っていたが、僕は本場韓国でいつも食べているせいか、ガッカリ。
それでも、2代目がこのお店をアメリカ人も来る繁盛店にしたのは、うれしい。
昔、大学、大学院、仕事の仲間を連れてくるとこんな汚い店に入るのかと
毎回言われていた。でも食べるとみんなハマる、そんなお店だった。

友人宅に戻り、妻には安静にしてもらい、仕事から戻ってきた友人と近くのホテルのバーへ。
いつも彼のパートナーや妻が一緒にいるので、サシで話すのは、高校以来。
いろんなぶっちゃけ話をお互いし、1時間ほどでワインを軽く2本空ける。
もう一軒行こうと誘われるが、時差ボケもあり、友人宅に戻る。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://artw.blog.fc2.com/tb.php/61-6092f276
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。