上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.30 Paris Day 5
多少は良くなったものの、今日も妻はグロッキー状態。
昨日何も食べてなかったので、朝から買い出し、食べさせる。
残念だが、最終日なのでいろいろと一人で行くことに。

まず、友人宅から徒歩でモンマルトルへ。
30分ぐらいテクテクと歩いて行く。
最後はかなり急な上り坂だったので、じんわりと汗が。

DSCF2032.jpg
モンマルトルと言えば、サクレ・クール寺院。

DSCF2030.jpg

DSCF2033.jpg

DSCF2034.jpg
サクレ・クール寺院からの眺め。
少し曇がかっていたが、やはりここからの眺めが一番。

DSCF2036.jpg
次は地下鉄に乗って、エッフェル塔へ。
この写真を撮り終えたら、アメリカ人の新婚カップルに
写真を撮ってほしいと頼まれ、快く撮らせてもらう。
いかにも新婚と言う笑顔でこちらまで幸せな気分に。

DSCF2067.jpg
また地下鉄に乗って、ノートルダム寺院へ。
ここもバリへ来れば、何故か必ず立ち寄る。
似非カトリック教徒の信仰心が、足を向かわせるのか。

DSCF2040.jpg

DSCF2044.jpg

DSCF2047.jpg

DSCF2049.jpg

DSCF2052.jpg

DSCF2054.jpg

DSCF2058.jpg

DSCF2060.jpg

DSCF2061.jpg

DSCF2064.jpg
ローマの教会や寺院と違い、ここは他の国の教会と建築様式が似ている。
と言うか、他の国々の教会がここを真似て作ったのかも知れない。
決して豪華&派手ではないが、ローマよりこちらの方が落ち着く。

DSCF2070.jpg
次にポンピドゥー・センターへ徒歩で向かうが、途中に門がかっこいい建物を発見。
抗議をしている人が大勢いたので、何かと思ったら、パリ地裁。
地裁でもこんなおしゃれなのか。

DSCF2074.jpg

DSCF2075.jpg
そしてポンピドゥー・センター。
中に入っていろいろ見たが、大したものは特になかった。

DSCF2077.jpg

DSCF2080.jpg
ポンピドゥー・センターの横にある、広場のオブジェ。
さすが、近代美術の中心地だけあって、オブジェもこっている。

DSCF2088.jpg

DSCF2084.jpg
次の場所へ向う途中、テレビ、映画またはCMか何かの撮影が。
アメリカ軍に扮した、戦車、兵士役の役者が大勢。
いったい何の撮影をやっていたのかは、わからないが、取りあえず時間がなかったので足早に。

DSCF2095.jpg
またまた地下鉄に乗り、最後は友人おススメのジャックマール・アンドレ美術館。
昔の大金持ちの洋館が美術館になっている。

DSCF2090.jpg

DSCF2091.jpg
残念ながら、撮影禁止なので中庭の写真だけでも。
ここにある展示物は、正直僕の趣味ではない。
やはり友人ほどまだ美術の造詣が深くなく、勉強する必要あり。
次に訪れる時までの課題とする。

夜は、友人たちとパリで最後のディナー。

DSCF2097.jpg
ル・スクエア・トルソー(Le Square Trousseau)と言う老舗のビストロへ。
妻もベッドからなんとか出て、お礼を含めて、パリ最後の夜に参加。
英語のメニューはないが、ウェートレスが英語で説明してくれる。
我々の注文したのか以下のとおり。

DSCF2098.jpg
フォアグラのパテ
定番の味。普通においしかった。

DSCF2099.jpg
ポタージュ
これは妻が食べていたが、おいしいと。

DSCF2101.jpg
エビのリゾット
これも妻が頼んだ一品。話が弾んで、コメントを聞くのを忘れました。

DSCF2103.jpg
鴨の胸肉ロースト
非常に濃厚、肉厚でジューシー。素晴らしい一品。

DSCF2105.jpg
レモンシャーベット
これも妻が注文。レモンをくり抜いている。

DSCF2104.jpg
フランボワーズと生クリーム
やはりフランボワーズは、フランス産が一番。アメリカ&日本産とは、なぜこうも違うのか。

どれもパリの古典的なビストロの味。ボリュームもあり、大満足。
やはり僕はクラシックなフレンチが好き。
初パリだった妻は寝たっきりで残念だったが、やはりパリは花の都である。
そして、友人たちのおもてなしに感謝。

実は、この友人は最近、世界一の公認会計事務所で大出世したばかり。
今回泊めてもらったマンションは売りに出し、次回来る時は、エレベーター付きの
もっと広いマンションに移り住んでいるので、また来てくれと。
今のマンションは、エレベーターがなく、5階だったのでかなり大変だと毎日愚痴っていたのと
妻の体調が良くなく、上がる時だけでなく、降りる時も大変だったのを知って
約束してくれたのだと思う。
今の彼なら問題なく、買えるはず。
だけど今は東京に転勤中なので、いつになるのだろう。(笑)
でも、楽しみである。

明日は、僕が東京以外で一番長く住んだ街、ニューヨークへ。
数年ぶりに行くので、ありがたいことに30人ほどの友人が会食したいと
言ってきてくれているが、全員に会うと一切のプライベートな時間が無くなるので、
どうするべきかまだ思案中。
しかも、妻はまだ体調が戻らず。
どうしたものか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。