上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.09 Noodles Top 3
麺類ベスト3は、多少悩みましたが、以下のとおりです。

1位 中華麺&ロブスターのクリームソース (越華會 香港)
2位 カチョ・エ・ぺぺ (トンナレッリ ローマ)
3位 てびちそば (麺処てぃあんだー 那覇)

ゆう22
越華會は、何回も登場しているのですが、すべてのお皿の中で
一番おいしかったのが、この中華麺&ロブスターのクリームソース。
見た目は悪かったのですが、これが運ばれてきたのが食事の最後の方だったのですが、
他のお皿がすべて美味しかったので、見た目は全く気になりませんでした。
口に入れた瞬間は、よくある日本のイタリアンのクリームソース味だったのですが、
噛んで味わっていくうちに、中華へと味が変身して行きました。
中華麺が若干粉っぽかったので、気になる人もいるかも知れませんが、
僕にはこの粉っぽさが、逆に中華の魅力と感じるぐらいでした。
もちろんロブスターもプリプリでクリームソースに最高なアクセントをつけてました。
http://www.openrice.com/english/restaurant/sr2.htm?shopid=9640


ふぇり2
2位のトンナレッリのカチョ・エ・ぺぺですが、チーズ&卵たっぷりで超濃厚。
カルボナーラの何倍も濃厚ですし、お腹が空いている時に食べないと
胃が受け付けない可能性ありです。
でも間違いなく、今まで食べてきたカチョ・エ・ぺぺと比べられないぐらい美味い。

ふぇり1
日本ではあまり馴染みのないカチョ・エ・ぺぺですが、
ローマに行かれた時にはトンナレッリのカチョ・エ・ぺぺを一度試してください。
チーズ好きには、たまらない一品です。
http://www.feliceatestaccio.com/
http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g187791-d1519608-Reviews-Da_Felice_a_Testaccio-Rome_Lazio.html


てぃあんだー 13
3位のてぃあんだーは、僕が食べてきた沖縄そばでぶっちぎりの1位です。
那覇では、ここ以外で食べたいと思わないぐらいです。
上品な味ですが、出汁が全く他と比べられないほど美味い。
豚足好きなので、てびちそばにしましたが、
豚足がダメな人にはソーキそばがおススメです。
麺にも拘っているようですが、ラーメンと同じで、沖縄そばもスープが命です。
毎日食べれる飽きのこない味です。

てぃあんだー 12
店内もオシャレで、接客も気持ち良く、唯一のマイナスは営業時間が短いこと。
那覇に行かれた際は、ぜひ!!
http://www.teianda.com/


次回は、朝食ベスト3です。
スポンサーサイト
2011.03.20 Dubai Return Again
朝4時半起きでドバイ国際空港に向かう。
トルコ航空イスタンブール経由バルセロナ行き。
カウンタで搭乗手続きをしようとすると、予約がないとのこと。
しかも、3日前の3月15日の予約が入っていると。

どうも香港の全日空で行先と日程を変更した時、担当者が間違えた模様。
飛行機も満席で、今回の世界一周航空券を発券した、全日空から予約の
変更がない限り、何も出来ないと冷たく言われる。
ドバイには全日空のオフィスがなく、東京にかけるしかない。
しかし、その東京のオフィスに1時間以上かけ続けるが、ずっと話中。
仕方がないので、日本の他の都市にある全日空の番号すべてにかけてみるがすべて話中。
45分後、福岡のオフィスがやっと繋がるが、更にここで1時間待たされる。
こちらは爆発寸前状態だが、すべての責任は香港&東京オフィスにあるので
福岡オフィスの方には、怒る訳にもいかず、事情を説明し、責任者から電話をもらうことに。
30分後、東京オフィスの責任者から連絡があり、すべて全日空のミスなので
出来る限りの要望に応えると。そして再仕切りで、明日の夜中2時の便でバルセロナへ。
実は、全日空とは過去に同じようなトラブルが3回あり、マジで殴ってやりたい心境。
しかし、ドバイの空港でギャーギャー言う訳にもいかず、すべての経費を出すことで了承する。
(ホテル代、通信費、タクシー代など)

一旦、友人宅に戻り、休憩。
そこでまた全日空から電話があるが、また別のミスを。
パリに行ったら、諸経費に関する電話をもらうことになっているので、
今回はマジ切れする予定。
寝ていないのと空港で怒りを抑えるので、疲れもピークに。
仮眠をとり、軽い食事をして夜中12時過ぎに空港へ向い、今度はルフトハンザ航空
フランクフルト経由バルセロナ行に乗る予定。また波乱がないと良いのだが。
2011.03.10 Dubai Day 2
duasa1.jpg
オールドタウンにある友人宅から取った朝の風景。
友人は仕事を休んで、ドバイ中の車で案内してくれることに。
当初は観光バスで、いろいろ周ろうかと思っていたので、ありがたい。

bala1.jpg

bala2.jpg
ドバイの名所を半日かけて色々と。

ショッピングモールへ行ったり、こちらで有名なほとんどの施設に行ったが、
明日からモルディブへ行き、一週間後にまたドバイに戻ってきて3日滞在するので、
写真はほとんど撮りませんでした。

妻の欲しかった靴を買いに行ったのだが、サイズがなく、
こちらに戻ってきた時にもう一度訪問することに。。
東京、香港でもその靴はあったのですが、並行輸入業をしている友人から買うのなら
ドバイが一番安いとアドバイスがあり、実際、東京より3割、香港より1.5割安かったです。
ちなみにクリスチャン・ルブタンの靴です。

妻と友人はこのショッピングモールのフードコートで昼食。

ffa1.jpg
妻は、地元の高級アラブ料理店が経営しているファーストフード店へ。

ffa3.jpg
シシカバブのセット。

友人はマクドナルドへ。
妻に一口もらったが非常に美味しい。
ファーストフードのシシカバブにしては、上出来です。

昨夜着いたばかりなのに、今夜午前3時半の飛行機でモルディブへ向うので、
少し遅い夕食を。どうもこちらの人は、22時や23時に夕食を取るらしく、
レストランも朝5時とかまで営業している。我々は、22時ぐらいにインド料理を食べに。
ボンベイと言うお店で友人宅から車で15分くらい。ホテルに入っているレストラン。
友人はインド人なので、注文はすべて彼に任せることに。

bombay1.jpg
揚げて焼いたチップス

bombay2.jpg
ラムのタンドリ

bombay3.jpg
カレー2種類とナン

ここは、抜群においしかったです。ドバイは地元住民より、インド人の人口が一番多く、
100万人住んでいるとのこと。なのでインド料理だけは、レベルが高いらしい。
だが、他の料理に関しては????とのこと。

友人の自宅に戻り、2時間ほど休憩を取った後、モルディブへ向けて空港へ。
さすがに真夜中の便は、飛行機の中で眠れても、
空港へ行くまでや空港内では,起きてないと行けないので、つらい。
しかも、ドバイ⇔モルディブ間は、スターアライアンス系が飛んでいないので、
エミレーツ航空をエコノミクラスを別途購入して行くので、
ビジネスクラスのラウンジが使えない。
でも、4時間の旅なので、なんとかなるだろう。
2011.02.22 Seoul Day 3
妻が、汗蒸幕のお店から朝4時近く戻ってくる。
満足したようだが、深夜でも地元の方が大勢いたらしく、
若い女性のほとんどが整形手術をしていたようで、みなさん同じような鼻の形をし、
胸だけでなく、おへそもした方がおり、驚いていた。
でも街中を歩いていても、本当に多くの女性がなんらかの整形をしている。

昼食は、13時半にガムジャタンを食べにホテルから歩いて10分ぐらいのところにある
チャムイーマット・ガムジャタンへ。

gamstore
お店の外観

gam1
ガムジャタン(小) 煮上がる前

gam2
ガムジャタン(小) 煮上がってから

これが、うまい!!
最初は少し味が薄いと思ったが、食べ進むと塩加減がベストだと。
妻も、東京でイマイチのガムジャタンしか食べたことがなく、ソウル最後のお昼に
これを食べるのは、あまり乗り気ではなかったようだが、おいしいを連呼。
最後は残ったスープにご飯、細かくした韓国のり、ゴマの葉、キムチを入れて
ボックンパ(炒飯)で〆る。

ホームページもなく、カタカナで検索してもヒットしないし、日本語&英語のメニューもなし。、
地元の人しか行かないお店なので、ノボテルかリッツ・カールトンに泊まった場合
または、地下鉄9号線のシノンヒョン駅or7号線の江南駅近くで用事ある場合は、ぜひ。
ちなみにこちらの友人もネット検索したところ、下記のブログのみだったと。
行きたい人は、これをプリントアウトして、ホテルか地元の人に聞いてみてください。
http://blog.naver.com/ibelieve24?Redirect=Log&logNo=20120773646

アップクジョンドンへウィンドウショッピング。
ブラブラしていると美容整形外科が50軒ぐらい並ぶ通りの前を偶然にも通る。
いくつかのクリニックは、ガラス張りで、待合室が丸見え。
どこも人で一杯、、、妻と驚くばかり。
待合室が見えないクリニックは、先生の大きな写真をガラスに貼って、
更にある患者の手術前と手術後のビデオを流している。
植毛クリニックも多く、ここも男性で賑わっている。

ホテルに戻り、少し休憩の後、カロリーを消費すべく、ジムでワークアウト。
本当にノボテルのサウナ施設は、素晴らしい。

夕食は、高級焼肉店 ビョクジェ・カルビーへ。
http://www.bjkarubi.com/
過去に接待で一度行ったことがあるが、ソウルで最も高いお店の一つと聞く。
妻は、まだ最上級の韓国牛を食べたことがなく、ここを選択。

galbiout
4つほど店舗があるが、ホテルから一番近い、ソレ店へ。

galbiin
地下1階にあり、階段かエレベーターで行く。

ここは味付けではなく、生カルビー(塩につけて食べる)が有名。
1人前 200g 68,000ウォン(約5,400円) 韓国では、群を抜く高さ。
凄いサシが入っており、こんな韓国牛は初めてみた。

galbi2
両面に斜めの隠し包丁が入っており、広げるとキレイ。

galbi1
付き出しもすべて上品な味。そして内装、接客も一流。

galbi3
岩塩につけて一口。うまい!!
サシがあんなに入っているのにアッサリしており、脂の味ではなく、肉本来の味。
和牛だと脂の甘さやうま味が全面に出るが、韓国牛は、肉の味が全面に出る。
ランチにあんなヘビーなものを食べたのに、箸がどんどん進む。
なぜ、付き出しが、普通のお店と比べて味が上品(薄い)なのかが、理解出来る。
味が濃いと肉のおいしさが、分からなくなるからだろう。

galbi4
この後、タレにつけてあるカルビーも頼むが、生カルビーほどの感動はなく、
タレのカルビーなら他においしいお店が沢山あります。
行かれるのなら、注文する必要ないと思います。塩で食べるものを注文すべし。

冷麺も有名なので、一つだけ注文するが、これもスープがうまいのなんの。
妻とシェアして、量も少なかったのだが、初めて冷麺のスープを飲み干した。
でも、麺は他の名店に比べるとコシがなく、スープほどではなかった。

最後にコーヒーを注文したが、水のように薄い。
ソウルも街中にスターバックスがあるので、昔と違い、今はコーヒーも
おいしくなったのではと思っていたが、今回の滞在で4回ほど違うお店で飲んだが、
どこも超薄い。アメリカンどころの話ではない。
なのでコーヒーを飲むのなら、スターバックスしかないのかも知れない。
でも、こちらのスターバックスにはまだ行ったことないのだが。

正直、普段は一日一食しか食べないのとお昼食べ過ぎたので、
ソウル最後の夜でなければ、夕食を食べなかったと思う。
もし、お腹がすいている時に来ていたら、もっとおいしく食べれたはず。
だけど、ソウルにしては、メチャクチャ高いです。
お腹が、普通に空いていれば、もっと食べていたはず。
生カルビー2人前、味付けカルビー1人前、冷麺1つ、ビール1本、コーヒー1杯で
242,500ウォン(約20,000円)でした。

結論、観光に関しては、世界の大都市と比べ、イマイチかも知れないが、
ニンニクと辛いものが大丈夫なら食事は最高だし、仕事で20回以上来てますが、
国民性も含めて、アジアで最も好きな街の一つです。
運転が粗いのと街中で殴り合いのケンカが多いのを除けば。(笑)
2011.02.17 Okinawa Day 1
自宅からタクシーで羽田へ。
運転手さんの気持ち良い接客に出だしから快調。
定刻どおり那覇へ到着。レンタカーでホテルへ。
那覇のメインストリート、国際通りにも近く、ゆいレールの旭橋駅前にある
ホテルソルヴィータ・プレミア旭橋。
冬なので、リゾートホテルではないところをチョイス。
sol vita premier room
まだ新しいホテルで部屋も市内ホテルにしては、VERY GOOD!

早速、お昼にてびちそばの名店に行くが、長期休養の看板。
すごい楽しみにしてたので、残念!!
けんぱー 外観
気を取り直して、食べログで評価1位で、県立博物館のそばにある
けんぱーのすばやーへ。
けんぱー 軟骨

けんぱー 麺
軟骨ソーキが名物なので注文。
いたって普通の味。正直、評価1位のお店かと????

そして首里城へ。
首里城 門

民族衣装を着たお姉さんが、有料の記念写真を撮ろうと寄ってくるが、丁重にお断りする。
首里城

なんと修繕中。
首里城内

首里城内、、、王様の椅子。

次にひめゆりの塔へ。
ひめゆりの塔

ここも資料館が修繕中で入れず、残念。
しかし、記念碑横に書かれてあった文章を読むだけで、いかに戦争が愚かな行為かが分かる。

その後、那覇に戻る途中にアウトレットモールに立ち寄るが、
時期が悪かったのか、品揃えがイマイチ。
一旦、ホテルに戻ってから、ゆいレールに乗って、
首里城近くのレストラン、琉球茶房あひびうなぁーへ。
ここは、沖縄在住の友人がおすすめしてくれたお店で、沖縄の雰囲気を味わうならと。
古い民家を多少改造したお店だが、玄関に着いた時点で、Very Goodな雰囲気。
あしびうなぁー 中庭

最初は、畳のお部屋に案内されるが、コタツがある中庭の縁側席へチェンジ。
オリオンビールでまずは乾杯。
そして沖縄料理をいろいろ。

あしびうなぁ ソーキあぶり焼き
軟骨ソーキ炙り焼

あしびうなぁ もずく天ぷら
もすく天ぷら&お刺身

あしびうなぁ ゴーヤちゃんプル
ゴーヤチャンプル

あしびうなぁ 海ぶどう
海ぶどう

あしびうなぁ ジーマーミ
ジーマーミートウフ

泡盛にチェンジして、ほろ酔い気分になったところで、ゆいレールに乗ってホテルへ。
上々のスタート。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。